齋藤一徳が簡単風水術を公開

齋藤一徳は風水の為にいつも遠回り


風水と聞くと、多くの人が占いのようなものと考えます。

 

 

確かに近いところはあると思いますが、根底には自分を見つめ、自分を知るということなのを覚えておいていただきたいです。

 

 

それをふまえてうえで、風水を考えましょう。

 

 

風水では「部屋のどこそこに、何色の何かを置いてください・・・」というようなことをよく耳にしますね。

 

 

風水において方角というものは、とても重要なことですが、その前の大前提にそのアナタの部屋が「整頓」されていなければなりません。

 

 

そして、家に置くものをしっかりと限定し、感覚を研ぎ澄ませれば、実は自然と自分で正しい位置を置くことが可能です。

 

 

風水で運気を上げるならばそのことを考えなければなりません。